ADEで大量の若者が死ぬ危険性

ただいま、科学者チームの方々とエビデンスの確認されたレポートの作成を行っておりますが

取り急ぎ 文責 黒川敦彦

ADE、抗体依存性免疫増強

花粉症のおばけみたいなものと思って下さい

コロナウイルスの抗体が体の中にある状態で
次のコロナウイルスが来たときに

免疫暴走、サイトカインストームを引き起こす現象

コロナによる重症化のほとんが
免疫の暴走、サイトカインストームによるものです

若い人の方が免疫力が強いので
サイトカインストームがより起こります

だから、コロナウイルスで死ぬ可能性の低い若者に
ADEを起こす可能性が非常に高いワクチンを打ってはいけない

お年寄りでも一緒です
毎年ワクチンを打ったりしたら

ワクチンと変異株のダブルパンチでADEが起こる確率が
どんどん増して行きます

実際、ブラジルのマナウスでは
集団免疫を獲得したと宣言された後

2回目の大感染が起こり多くの若者が死にました

マナウスは60歳以上の人がたった6%
若者の街でした

これはADEにより若者が大量に死んだ
と判断すべきでしょう

しかしWHOはマナウスに調査に入っていませんし

テレビに出る有識者たちは
マナウスについて語ろうとしません

マナウスのケースを分析すれば
ADEの危険性の極めて高いワクチンを

特に若者には打ってはいけないとなるからです

スペイン風邪の時も第二波以降
若者がたくさん死にました

調べてみて下さい

スペイン風邪の時もADEで若者が死んだと見るべきでしょう

ADEが危険だということは
すでに世界中の専門家が警鐘を鳴らしています

全て隠すことは不可能でしょう

人工ウイルスを作り
人工ワクチンを意図的にばら撒いた

国際金融資本が今一番隠したいのが

ADEがすでに起こっているということです

ADEはお年寄りにも起こるし
毎年ワクチンを打つなど絶対ありえない

自己免疫、自然免疫をどんどん壊して行きます

花粉症の人が家の庭に毎年杉を植えているようなものです

しかもその花粉症は死に至る花粉症だと